貧困女子 脱 奨学金 支援|貧困女子から脱けたい風俗嬢の応援サイト 静岡三島沼津近郊

貧困女子 奨学金 支援 静岡

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援



貧困女子 脱 奨学金 支援

まず、知っておきましょう。

女は金星人、男は火星人

です。


えっ?何のこと?


たとえ話ですが‥
火星(男性)では
土足のまま家に上がる
習慣があるとしましょう。

その火星人が
金星人であるあなたのもとを
訪れたとき
何の疑問ももたずに
土足で上がったとします。

女性であるあなたは
まったく文化の異なる星からきている
男性に対して、

金星人であるあなたは、

なんて、あなたはサイテーなの?

と怒ってしまう‥ということです。

火星ではクツをはいたまま
部屋に入るのが
あたりまえなのに‥です。


そう、金星では
クツを脱いで部屋に入るのが
あたりまえなのですから、
火星人は
何を言われているかわからず

???、で
なに、怒ってんだよ!!


‥と、ささいなことでケンカになる
ことが多くないですか?

もっと日常的なことで
お話しましょう。

金星人である女性が

今日ねー、こんなことがあって
こんなことになって
大変だったんだ〜

という話をしたとします。

火星人である男性は、

へぇ〜
そういう時はこうした方が
いいのかな

と言うと、

金星人は、

そんなこと聞いてないわ!(怒)

‥ちょっと険悪


こんな場面に
思い当たることはないですか?


貧困女子 脱 奨学金 支援

なぜ
こんなことになったのでしょうか?

それには
男性という火星人のこと
”男”という生き物について
知っておく必要があります。

男という生き物は、
なにか話をされたり
相談されたりすると

なにか役にたたないと

なにか力にならないと


という気持ちが強くなります。

それは、

何もできないと頼りない

何もできないとダサい


という考えに
支配されるのですね。

特に女性に対しては!です。

それで
女性から、こういう話があったりすると

一生懸命、役にたてることを考える

それが火星人の男性
です。

その反面、
金星人である女性は
どうでしょうか?

金星人のことは
よくおわかりですね。

そんなこと期待していない
ただ、聞いて欲しかっただけ


では、なかったですか?

これが
異性人同士である
男と女の日常です。

だから
金星人である女性は
火星人の生態を
学んで理解することが大事
です。

火星人はガンコなことも多いです。
悪いとわかっていても
自分から学んで理解する
ということを
なかなかしません。

だから‥
頭のいい金星人の女性は
先に火星人のことを
学んで理解することで
ガンコな火星人を
素直にさせてしまう

のですね。

こうすることで
あなたに対する
愛や信頼は
深まっていきます。


中には
外見は美しい女性の金星人
でも
中身は半分は火星人
という女性もいますし、

外見はカッコイイ火星人だけど
中身はまるっきし金星人
という男性もいます。

けっこう
ややこしい話ですね(笑)


世の中には
色々なタイプの
火星人がいますが

あなたのパートナーは
どんな火星人ですか?


パートナーを理解して
お互い理解しあって
愛と信頼を深めて
最高のゴールインを
しましょう!



心野癒之介
スピリチュアル相談では
こんなゴールインのお手伝いを
しています。





貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援



貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援

貧困女子 脱 奨学金 支援



貧困女子 脱 奨学金 支援


貧困女子 脱 奨学金 支援



嬢ビズ 概要

サイトマップ

プライバシーポリシー



貧困女子 奨学金 支援 静岡




■ お客様の声

*:..。o ○☆ 貧困女子 奨学金 支援 お客様の声 *:..。o ○☆

ご本人様から掲載の許可を頂いています。
感想等には個人差があることを承知の上ご覧下さい。
また原文は長い文章が多い為、割愛をさせて頂いています。
【文章は個人情報保護等の理由で一部修正を加えてあります】

------------------------

■まさか、私が貧困女子に‥

Kさま (静岡,20代,デリ嬢)

(省略)貧困女子‥自分の家は裕福ではなかったけれど、自分が貧困女子になるとは思ってもみなかった。父親はずっと無職に近く、稼ぎは母親のパート代のみ。そんな中から出するには学歴を身につけるしかないと、なんとか大学に合格した。奨学金を受け、自分の生活費は自分で稼いでいたが、母が病気で倒れた。大学を辞めざるを得なくなり、実家へと戻ってダブルワークからトリプルワークに増やして睡眠時間を削って働いた。そんな生活に少し慣れてきた頃に届いた一通の封書。【奨学金の返還】。トリプルワークでも足りないのにもう限界でした。それで水商売の世界へ。最初はキャバ嬢でした。トリプルワークの頃、時給900円位でしたが、時給はその3倍になったものの、お酒を飲むのとストーカーのようにしつこくされるのがイヤだったのと、稼ぎに波があることから悩んでいたところ、友人の紹介で意を決してデリ嬢へ。時給900円のバイトよりも、日に2〜3万稼げるデリヘルの方が遥かに効率が良く、優しいお客さんが多くて、その結果、月収30万円をコンスタントに稼げるようになって、生活も安定、母の治療費や奨学金の返還だけでなく、少し貯金ができるようになってきました。そうなっても、安心した訳ではありませんでした。デリ嬢も稼ぎに波があり、体調によってもムラがあり、何よりも年齢とともに、こんな生活、長くはやっていけないだろうなぁと考えていました。普通の就職や派遣が出来たとしても治療費や奨学金の返還はムリ。どうしたらいいかと悩んでいる時、嬢ビズさんのことを知りました。嬢ビズさんでは資格を取得するだけでなく、様々なことを学びました。特にマインドの部分は、何で私が長い間、貧困女子と言われるような状況から抜け出せなかったのか‥ということがよくわかりました。いま、開業に向けて準備中ですが、これからもよろしくお願いします。

貧困女子 奨学金

------------------------

■この時のために、がんばってお金を貯めてきたんだ!

Yさま (30代,元デリ嬢)

(省略)実家の会社が倒産し、専門学校へ進学できないという現実に目の前が真っ暗になりました。高卒で就職しようと思いましたが就職もできず、派遣をやるにも資格も特技もなく、時給900円未満のアルバイトしかありませんでした。父は酒に酔っていることが多くDVをするようになり、実家にも居づらくなって独立することに。独立を決めたのはいいが、独立するお金がない‥それでキャバ嬢に。キャバクラの寮に入れたのはよかったけれど、キャバ嬢の世界は大変。もともと容姿がいい訳でもなく、おしゃべりがうまい訳でもなく、売上は最低でアルバイトをしていた頃より厳しくなり、寮にも居づらくなりました。貧困女子‥という言葉を知ったのもこの頃でしたが、私と同じような生活をしている人たちがたくさんいて、なかなか貧困女子からけ出れない現実をネットでたくさん知ったのです。実家に帰るのも、貧困女子にどっぷり浸かっているのもイヤ!それでデリヘルの世界へと足を踏み入れることになったのです。デリヘルは始めたばかりの頃、精神的に辛く泣いてばかりいましたが、ムリにお酒を飲むことも、枕を強要されるような同伴も、おしゃべりも営業も必要なくて、何よりもキャバ嬢時代より収入がよくて、割り切ってしまえばラクに感じたこともありました。そうやって数年が経ちましたが少しずつ貯金も出来るようになり、夢だった専門学校への入学も考えたことがありました。しかし、専門学校へ行っても、年齢などのこともあって就職がとても厳しく、断念せざるをえない状況でした。30代になると、店の中では一番の年長になり、指名の数が激減してきました。どうにかしないとまた貧困女子の生活に戻ってしまう‥そんな時に出会ったのが嬢ビズでした。どこかのお店や会社に頼って生きていくのではなく、自分の足で歩いていくことを学び、キャバ嬢やデリ嬢での経験を生かす方法を教えてくれました。特にもともと実家が会社をやっていて倒産したことが貧困女子になった原因だったので、「安定」が一番と思い、資格を取得して就職することが最もリスクの少ない生き方‥と長い間考えていたのですが、「会社」はリスクのコントロールが出来ず、 不確定要素の大きい生き方‥これが「サラリーマインド」という生き方で、リスクをコントロールしやすい個人事業主として成功するためには、このサラリーマインドから抜ける必要がある‥「・サラリーマインド」が必要ということを知り、衝撃を受けました。この時、私は「この時のために、がんばってお金を貯めてきたんだ!」と強く実感し、嬢ビズさんにお世話になることに決めたのです。そして、今では小さいながらもサロンのオーナーになりました。あの時、貧困女子・サラリーマインドという自分の足で歩いていく生き方を選ばなかったら、いま頃、貧困女子で苦しんでいたように思います。貧困女子でも道を間違えなければお店を持てるんだ!と、今、実感しています。お世話になった先生方、ありがとうございました。

貧困女子 奨学金

------------------------

貧困女子が怖かった

Mさま (東京・田園都市線,20代,キャバ嬢)

(省略)大学へ行くために上京、しかしその頃父がリストラされて仕送りどころか学費までアテに出来なくなってしまった。バイトをかけもちしても追いつかず、キャバクラへ。いろいろ大変なことはあるけれど、学費は奨学金を受け、何とか生活はできるようになりました。2年生にもなると就職のことを意識させられます。成績もあまり良くなく、コネもない私が就職できる会社は限られているし、その給料で奨学金を返済していくのはムリ。どうしようかと考え始めて1年たった頃、嬢ビズさんのことを偶然知りました。そうか、ただ資格を取得するのではなく、自分のサロンを持って自分で稼ぐ‥これは自分の性格にもマッチしているように思いました。もともと美容にはすごく興味があったし、在学中からサロンと就職活動を両立して、サロンがダメなら会社に勤めながらキャバでアルバイトすればいいと思って申込をしました。講習中はこんな生き方があるんだと知って、未来が明るくなり、実践的なアドバイスが多くて、そのまま応用することができました。資格を取得し、嬢ビズさんのバックアップでおうちサロンとしてスタートして3ヶ月になりました。これからどうなるかわからないけれど、充実した毎日です。みなさん、ありがとうございます。

貧困女子 奨学金

------------------------

奨学金が思わぬところで

Dさま (静岡,30代,元ホステス)

奨学金で大学を卒業しましたが、卒業後はなかなか正規雇用の就職ができず、非正規雇用の派遣でなんとか奨学金を返還しながら生活していました。しかし、非正規雇用の派遣では給料が安く、貧困女子のようになってきたため、夜は週に3日、クラブホステスのバイトをするようになりました。卒業して2年もたった頃、友人の紹介で付き合うようになりました。ホステスのバイトは彼バレしないようにしてきたので、バレませんでしたが、付き合って半年たったころ、彼から結婚という言葉が出るようになりました。彼の実家に遊びに行くようになり、ある時、借金の話になり、奨学金を返還している話をした時に明らかに顔色が変わったのを感じました。それから彼は私を避けるようになり、理由を聞くと、私が母子家庭であることや奨学金の返還が500万近くあることなどで親から強く反対されているということでした。結局、それで婚約は破談となり泣きました。貧困女子になりたくなくて頑張ってきたのに、完全に「負け組み」になってしまったようで涙が止まりませんでした。ずっと私を支えてきてくれた母が身体を壊して働けなくなったこともあり、このままではダメと強く感じたのです。どうしたらいいのだろう‥そんな時に出会ったのが嬢ビズでした。彼のことといい、人の顔色ばかり伺っているのはもううんざり‥そんなことを考えて申込をしたのです。慣れないこともありましたが、手先は不器用ではなかったので練習することで腕は上がっていきました。嬢ビズさんで何が一番心強かったかというと、自分でサロンを持てれば、採用されるために媚びるようなことをしなくてもいい、契約期間終了が近づくにつれてビクビクしなくてもいい、彼ができても彼バレしないようにコソコソしなくてもいい、自分のリスクで休みも営業も自由にやってゆける、そして胸を張って生きてゆける‥こんなことだったと思います。安定を求めているうちは貧困女子から抜けられないように思います。安定を求めるより「卑屈にならない生き方」を教えて頂いたように思います。ありがとうございました。

貧困女子 奨学金

------------------------

■夫のDV‥そして‥貧困女子

Hさま (静岡,30代,主婦)

賞味期限切れのコンビニ弁当‥これでもかなり生活が良くなった方だった。以前、食卓に並んでいたのは、しょうゆとサラダ油と‥なんとスーパーのトイレから持ってきたトイレットペーパーだった。千切ったトイレットペーパーにしょうゆとサラダ油をたらして口に含むと、からあげのような食感が口の中に拡がった。それをかむと味がしみ出て、あたかもからあげを食べているような空想に包まれた。しかし、それを飲み込むと地獄‥三口も飲み込むと、猛烈に苦い胃液を吐いた。胃の中には、もう吐き出すものさえ残っていなかった。 そんな困窮状態になっても、周囲に「助けて」とは言い出せず、夫の暴力に耐えきれなくなり家を出た。託児付きの風俗で働き始めたが、指名をもらえることも少なく、月収は約15万円ほど。しかし、うつ状態で休みがちになり、収入は落ち込んで光熱費を滞納し始めた。夫から長い間「役立たず」と罵倒され続けてきたことで、「自分がすべて悪い」という精神状態が続き、夏でも窓を開けることができず、買い物に出かけるのもためらった。国民健康保険料を滞納したために健康保険もなく。長男がひどい風邪をひき、お金がないまま訪ねたドラッグストアでは「後日必ず払います」と懇願したが断られた。見るに見かねた店員の一人が、同じ薬でパッケージの破れたものを「破れているからタダで持って行って」と渡してくれた。その帰り道、長女が「あのおばちゃん、薬の箱を踏んづけてた」と言うのを聞いて、涙が止まらなかった。でも、本当に辛かったのは、そうやって薬を渡してくれた方に御礼さえできない状況だった。親類も生活は余裕がなく、「甘えるな」と一喝された。 誰も頼る人がいない、誰も頼っちゃいけないんだ‥そう思うようになった。 その長女がインフルエンザと栄養失調が重なり、肺炎のようになった時、やむを得ず駆け込んだクリニックで児童相談所へ通報された。幼児虐待の疑い‥何を言われても答える気力さえなかった。児童相談所より生活保護を勧められ付き添われて生活保護を申請。うつが悪化し、就労は困難だとして認定された。 そして月17万円ほどで暮らせるようになり、食事に困ることはなくなったが、貧困女子には変わりなかった。この貧困女子からけ出たい、け出るにはどうしたらよいか?と真剣に考えるようになった。職業訓練校で資格を取得することを考えたが、資格を持っていても就職は出来ない現実を知り、落ち込んだ。そんな時、貧困女子支援をしている嬢ビズさんのことを知った。無料相談で話を聞いてもらううちに、開業支援がしっかりしていること、そして自宅マンションを利用した「おうちサロン」でも営業が出来ることがわかり、申し込み、特別枠で分割支払も認められた。いま、講習を受けていて思う。資格取得の勉強や開業のノウハウより、貧困女子からけ出そうと思っても、貧困女子が陥りやすい考え方や生き方を知って変えなければ貧困女子であり続けてしまうこと、一人の母親、一人の女、一人の人としての自信を取り戻しつつあることをご支援頂いたことの方が価値があると感じています。ありがとうございました。

貧困女子 奨学金

------------------------
貧困女子 奨学金 支援 インフォメーション



■ リンク

ブラジリアンワックス 痛み 少ない スクール 東京
ブラジリアンワックス 静岡 三島 沼津 神奈川
貧困女子 奨学金
ペット葬儀 三島 沼津 静岡
生理不順 改善 子宮 静岡 沼津 三島
恋愛 占い 静岡 沼津 三島
貧困女子 ・サラリーマインド
タロット 霊感 恋愛 仕事 人間関係 静岡 三島 沼津
サロン 開業 方法 静岡 神奈川
不眠 改善 静岡 神奈川
お祓い 浄化 静岡 東海 沼津 三島
レンタルサロン 横浜
義母 いじめ 対処 祖母 嫌がらせ
スピリチュアル 恋愛 占い 静岡
ペットロス ヒーリング 静岡 神奈川 スクール
悪霊 浄霊 出張 神奈川 東京
ニキビ ケア 小顔 静岡 三島 沼津
ブラジリアンワックス 痛み 少ない スクール 東京
セラピー 心理 スクール 三島 沼津 静岡
性病 検査 静岡 東京 神奈川
男 ブラジリアンワックス 毛 静岡 神奈川

貧困女子 奨学金